宮沢賢治と橄欖の森

賢治作品に登場する植物を研究するブログです

賢治の詩「業の花びら」に登場する赤い眼をした鷺は怒っているのか (12)

賢治の詩「三一四〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」(1924.10.5)の下書稿に「業の花びら」という詩がある。その中に赤い眼をした「鷺」(さぎ)が登場する。本稿ではこの「鷺」の赤い眼が何を意味しているのか考察する。 「夜の湿気が風とさびしくい…

賢治が「業の花びら」を幻視した時期に生じていた慢心について (11)

賢治の詩「三一四〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」(1924.10.5)で幻視した「業の花びら」は「慢心」の「罰」によるものであることを述べてきた。本稿では賢治の「慢心」がどのようなものであったのかについて考察する。 「慢」を生む原因の1つに成…

賢治の「業の花びら」が出てくる詩〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕の題名の意味 (10)

文語詩「水部の線」(すいぶのせん)の題名である「水部の線」は北上川を指すものだが,農事講話で聴衆に資料として渡したのは石灰岩層が記入された岩手県の地図と思われる。北上川を挟んで「西」にカルシウムの溶脱した酸性不良土のある平野部を「東」に石…

賢治が幻視した「業の花びら」の正体は慢心の罰で失ってしまった一番大事なもの (9)

賢治は,「業の花びら」を幻視した5か月前に「アイヌ」の〈鬼神〉も幻視している。詩集『春と修羅 第二集』の「〔日はトパースのかけらをそゝぎ〕」(1924.5.18)に登場する。 詩は「日はトパースのかけらをそゝぎ/雲は酸敗してつめたくこごえ/ひばりの群…

賢治が「業の花びら」を幻視したときの罪と罰 (8)

次に,賢治の「罪」と「罰」について再度考えてみたい。 賢治は詩「「三一四〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」(1924.10.5)で「業の花びら」を幻視し,「わたくしは神々の名を録したことから/はげしく寒くふるえている」(下線部は引用者,以下同じ…

晩年の芥川のぼんやりとした不安-敗北の文学-(7)

芥川は自死する2か月前に書いた『或旧友へ送る手記』(1927.7)で,「僕はこの二年ばかりの間は死ぬことばかり考へつづけた」ことと,その理由が「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」であったことを記していた。 後に共産党の指導者になる宮本顕治…

人工の翼を付けた『歯車』の主人公を落下させたのは誰か,シルクハットを被った天使か (6)続き

また,「白」は空を飛んでくる〈天使〉の「白い翼」を〈僕〉に連想させているように思える。なぜ〈天使〉の「白い翼」なのか,また,それが〈僕〉に恐怖なのかというと,『歯車』と同時期に書かれた『或阿呆の一生』(40 問答)(1927 遺稿)に登場する「誰…

人工の翼を付けた『歯車』の主人公を落下させたのは誰か,シルクハットを被った天使か(6)

私は,前稿で芥川の『歯車』(1927)と賢治の詩「「三一四〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」(1924.10.5)に認められる「罰」は両者とも「慢心」により「神」を軽視した「罪」による「神罰」である。と述べた。しかし,『歯車』の主人公が受けた「神…

『歯車』の主人公が受けた罰は神によるものか (5)

本稿では,前稿3)の課題,つまり『歯車』の主人公が受けた「罰」が「神罰」であったのかどうか検討してみたい。ここで問題にする「罰」とは身体的,精神的,社会的,経済的な「罰」ではなく,神,仏,天など目に見えない超自然の力による「罰」のことであ…

『歯車』の主人公は慢心を罪として自覚したか (4)

芥川の切支丹物である『るしへる』(1918)に「七つの恐しき罪に人間を誘さそう力あり,一に驕慢(きょうまん),二に憤怒(ふんぬ),三に嫉妬(しっと),四に貪望(とんもう),五に色欲,六に餮饕(てっとう),七に懈怠(けたい),一つとして堕獄の悪…

『歯車』の主人公はイカロスのように慢心の罪を犯し飛翔しようとしたのか,人工の翼とは知識のことか-(3)

前稿で『歯車』の主人公〈僕〉が見た「銀色の羽根を鱗のやうに畳んだ翼」(銀色の翼)とは,「慢心」により神の「罰」を受けて海中に落下してしまったイカロスが付けていた「人工の翼」のようなものであると述べた。本稿では『歯車』の主人公が幻視した「銀…

『歯車』の主人公が幻視した「銀色の翼」はイカロスの翼か (2)

「銀色の翼」を幻視したのは〈僕〉が以前に乗ったことのある自動車に付いていた「ラジエーター・キャップの翼」と関係があるように思える。『歯車』には,〈僕〉が「銀色の翼」を幻視し後に「僕はふとこの間乗つた自動車のラデイエエタア・キヤツプにも翼の…

芥川龍之介の『歯車』の主人公が幻視したもの-「歯車」と「銀色の翼」- (1)

宮沢賢治は大正13年(1924)に「三一四〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」(1924.10.5)という短い詩を創作した。夜の湿気と風がさびしくいりまじり/松ややなぎの林はくろく/そらには暗い業の花びらがいっぱいで/わたくしは神々の名を録したことから…

宮沢賢治の詩に登場する「暗い業の花びら」の意味を明らかにする(4)-教え子である柳原昌悦への手紙から-

前稿で詩「業の花びら」に記載されている「暗い業の花びら」は「慢心という業の報い(罰)を受けたときに現れる幻の花びらのこと」であると推論した。しかし,多くの賢治ファンは,菩薩に成りたかった賢治に「慢心」(傲慢)が生じることを認めたくないであ…

宮沢賢治の詩に登場する「暗い業の花びら」の意味を明らかにする(3)-ボードレールの「悪の華」との類似点から-

本稿(第3稿)は下書稿の「業の花びら」に記載されている「暗い業の花びら」が何を意味しているかを,詩の表題が類似するボードレールの詩集を読み込むことから考察する。 フランスの象徴主義の詩人であるボードレール(Charles-Pierre Baudelaire;1821~186…

宮沢賢治の詩に登場する「暗い業の花びら」の意味を明らかにする(2)-花びらは実際に見えていたのか-

前稿では,定稿「〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」の下書稿で「業の花びら」という表題のついた詩の背後にあるものを解説した。本稿(第2稿)は「暗い業の花びら」という言葉を「暗い」,「業」,「花びら」の3つに分解してそれぞれの意味を考えて…

宮沢賢治の詩に登場する「暗い業の花びら」の意味を明らかにする(1)-詩の背後にあるものから

賢治の詩集『春と修羅 第二集』に「三一四〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」(1924.10.5)という仮題がついた短い詩がある。夜の湿気と風がさびしくいりまじり/松ややなぎの林はくろく/そらには暗い業の花びらがいっぱいで/わたくしは神々の名を録…

詩「春と修羅」の「のばらのやぶや腐植の湿地いちめんのいちめんの諂曲模様」とはどういう意味か(2)

賢治が母親に気に入られようとしていた可能性のあることはすでに述べた。これを裏付けるものとして賢治の手紙,賢治研究家である堀尾青史の調査資料,文学作品などを紹介してみる。 大正7(1918)年6月20日前後の親友である保阪嘉内あての手紙(封書)に母…

詩「春と修羅」の「のばらのやぶや腐植の湿地いちめんのいちめんの諂曲模様」とはどういう意味か(1)

詩「春と修羅(mental sketch modified)」(1922.4.8)の特に出だしの4行は難解である。前稿で,最初の2行「心象のはひいろはがねから/あけびのつるはくもにからまり」は「イライラした憂鬱な気分になっていると,あけびの蔓のように自分の愛欲が1人の…

詩「春と修羅」の「あけびのつるはくもにからまり」とはどういう意味か

詩集『春と修羅』にある「春と修羅(mental sketch modified)」(1922.4.8)は,「心象のはひいろはがねから/あけびのつるはくもにからまり/のばらのやぶや腐植の湿地/いちめんのいちめんの諂曲(てんごく)模様」(宮沢,1985)という詩句で始まる。…

賢治は雲をなぜカルボン酸に喩えるのか

詩集『春と修羅』の「風景」(1922.5.12)に「雲はたよりないカルボン酸/さくらは咲いて日にひかり/また風が来てくさを吹けば/截られたたらの木もふるふ・・・」とある。また,「冬のスケッチ」十七には「きりの木ひかり/赤のひのきはのびたれど/雪ぐ…

童話『やまなし』考-幕末・明治・大正期の岩谷堂と人首はどんな処だったのか(第2稿)-

本稿では幕末・明治・大正期の「岩谷堂」や「人首」の精神風土について考察する。 「岩谷堂」は前稿で述べたように幕末まで北上川の舟運や陸路交通の要衝として栄え江刺郡の中心地であった(石井,2023)。しかし,「岩谷堂」の繁栄も明治5年(1872)に納米…

童話『やまなし』考-幕末・明治・大正期の岩谷堂と人首はどんな処だったのか(第1稿)-

童話『やまなし』第二章「十二月」に,兄弟の〈蟹〉が吐く泡の大きさを争っていると父親が「もうねろねろ。遅いぞ,あしたイサドへ連れて行かんぞ。」と注意する場面がある。「イサド」とはどのようなところなのだろう。文献等で調べたら「イサド」は岩手県…

詩「蠕虫舞手」考-水ゾルとは何か,そしてなぜ詩の最初にだしたのか-

宮沢賢治の詩「蠕虫舞手」(1922.5.20)は以下の詩句で始まる。 (えゝ 水ゾルですよ おぼろな寒天(アガア)の液ですよ) 日は黄金(きん)の薔薇 赤いちいさな蠕虫(ぜんちゆう)が 水とひかりをからだにまとひ ひとりでをどりをやつてゐる (えゝ 8(エ…

詩「蠕虫舞手」考-なぜ賢治は蠕虫にアンネリダのルビを振ったのか-

「蠕虫」のルビをドイツ語読みにしたいなら「ウオーム」(Wurm」としなければならない。また,ルビの「アンネリダ」が正しいのなら「蠕虫」は「環虫」にしなければならないように思われる。なぜなら「アンネリダ」(Annelida)は生物学的には環形動物門のこ…

詩「蠕虫舞手」考-燐光珊瑚の環節に正しく飾る真珠のぼたんとは何か-

宮沢賢治の詩「蠕虫舞手」(1922.5.20)に「赤い蠕虫(アンネリダ)舞手(タンツエーリン)は/とがつた二つの耳をもち/燐光珊瑚の環節に/正しく飾る真珠のぼたん/くるりくるりと廻つてゐます/(えゝ 8(エイト)γ(ガムマア)e(イー)6(スイツク…

宮沢賢治の詩「蠕虫舞手」に登場するナチラナトラのひいさまはどんなお姿をしているのか

水の中で踊る「ナチラナトラのひいさま」はどんな生き物がイメージされているのだろうか。詩の中で,この生き物は「赤い小さな蠕虫」と表現されている。「蠕虫」には「アンネリダ」のルビが振られていて,体には青白い光を放つ「環節」があり,「とがった二…

宮沢賢治の詩「蠕虫舞手」に登場する「8(エイト)γ(ガムマア)e(イー)6(スイツクス)α(アルフア)」とは何か

詩「蠕虫(アンネリダ)舞手(タンツェーリン)」(1922.5.20)の前半の詩句は以下のようなものである (えゝ 水ゾルですよ おぼろな寒天(アガア)の液ですよ) 日は黄金(きん)の薔薇 赤いちいさな蠕虫(ぜんちゆう)が 水とひかりをからだにまとひ ひと…

童話『やまなし』考-ラムネの瓶の月光とは何か-

童話『やまなし』には難解な用語が多い。「ラムネ瓶の月光」というのもその一つである。 そのつめたい水の底まで,ラムネの瓶(びん)の月光がいつぱいに透(すき)とほり天井では波が青じろい火を,燃したり消したりしてゐるやう,あたりはしんとして,たゞ…

童話『やまなし』考-川底に流れてくる水晶や金雲母にどのような意味が込められているのか-

童話『やまなし』の第二章「十二月」は以下の文章で始まる。 蟹の子供らはもうよほど大きくなり,底の景色も夏から秋の間にすっかり変りました。 白い柔かな円石もころがつて来,小さな錐(きり)の形の水晶の粒や,金雲母(きんうんも)のかけらもながれて…