宮沢賢治と橄欖の森

賢治作品に登場する植物を研究するブログです

ガドルフの百合

童話『ガドルフの百合』考(第6稿)-賢治は本当に〈恋〉よりも〈宗教〉の方を重要と考えたのか

童話『ガドルフの百合』を読むと,恋人は両家の近親者達から繰り返し反対されても,賢治について行こうとしていた様子がうかがえる。この童話に記載されている言葉を借りれば,ガドルフ(賢治)は,背の高い「白百合」(恋人)が,雷光を伴う嵐(結婚に対す…

童話『ガドルフの百合』考(第5稿)-朝廷と東北先住民の歴史的対立

「白百合」は雷雨で折られ,そしてガドルフは,夢の中で二人男の争いが原因で倒されてしまう。この争いは,ガドルフと「白百合(恋人)」の恋の顛末とどのように関係してくるのであろうか。ガドルフを賢治に,「白百合」を賢治の恋人として以下に考察してみ…

童話『ガドルフの百合』考(第4稿)-夢の中で争う二人の男は誰か

背の高い「白百合」が嵐で折れたことを恋の破局と解釈すれば,この破局の理由は何であろうか。ヒントは,「白百合」が折れた直後に「クジラの頭」をイメージしている「稜が五角の屋根」を持つ「巨きなまっ黒な家」の中で見た夢の中の二人の男の争いに隠され…

童話『ガドルフの百合』考(第3稿)-「俺の百合は勝ったのだ」の「百合」とは何か

本稿では,「俺の百合は勝ったのだ」の「百合」が何を意味しているのについて検討する。 この「百合」は,恋人をイメージできる庭に咲く折れた1本の「丈の高い百合」でも,折れずに「勝ち誇ったかのように」残った10本ほどの「百合」のことでもない。この百…

童話『ガドルフの百合』考(第2稿)-百合の花に喩えた女性とは誰か

本稿では,「巨きなまっ黒な家」の庭に咲く丈の高い「百合」と,「しのぶぐさ」の上に横たわる「百合」が何を意味しているのについて検討する。 1.賢治の恋人との関係 ガドルフは,「巨きなまっ黒な家」に避難したのちに,庭に雷光で映し出される「しろい…

童話『ガドルフの百合』考(第1稿)-「稜が五角の屋根」を持つ「巨きなまっ黒な家」とは何か

童話『ガドルフの百合』考 目次 第1稿-「稜が五角の屋根」を持つ「巨きなまっ黒な家」とは何か はじめに 1.「曖昧な犬」は先住民の比喩 2.「稜が五角の屋根」を持つ「巨きなまっ黒な家」は「クジラの頭」 第2稿-百合の花に喩えた女性とは誰か 1.賢…